黒ずみを改善したいなら正しい原因を知ること

肌に黒ずみができるというのはショックですね。シミやシワもショックを受けますが、日本人特有の黄色に近い肌色には、あまりにも目立ってしまい、コンプレックスの種になってしまうのが黒ずみではないでしょうか。

黒ずみを発見した瞬間から、ずっと気になって仕方がなくなり、人前に出るのにストレスを感じてしまう。闇雲にコスメを使ってケアをしようとしても、刺激を与えることになってしまい、逆効果なんてことにもなりかねません。

この悩みの対策の第一歩は、その原因を知ることだと言われています。ここでは、黒くなってしまう原因を紹介していきましょう。

黒ずみの種類は一種類だけではない

肌には他にも湿疹やニキビなどがあるので、分かりやすく一緒くたにする場合がありますが、ただ単に皮膚のいち部分が黒く変色しているだけではありません。皮膚というのはご存知の方もいるでしょうが、いくつかの層になっています。

皮膚のどの部分が黒く変色してしまったのかによって、何が原因になり、黒くなってしまったのかは違ってくるのです。原因が違っていれば、当然に対処方法も変わるものです。

まず大前提として、たった一つの種類ではなく、様々な種類があり、その原因も多様であるということを覚えておきましょう。

ニキビによる肌サイクルの乱れから黒くなるケース

沢山の種類があると言いましたが、大別して体外からの何かしらの刺激によるものが原因である場合と、体内の異変が原因になっているケースに分けられます。

体外の刺激によるものとしては、毛穴が黒くなっていくケースです。これは間違ったムダ毛処理などを行った場合に起きやすいパターンです。

更に大人ニキビができ、正しい対処をしなかったことにより、ニキビ跡が黒く変化するパターン。更に加齢やアレルギーなどにより、衣服の刺激によって皮膚が乾燥したり、アレルギー反応を起こし、肌サイクルが乱れ、黒く変化するパターン。

最後にターンオーバーが乱れ、角質が溜まってしまい、それが黒く変化するパターンです。

ストレス過多や体内リズムが不安定な際に引き起こすこともしばしば

次に体内での何かしらの変化によって、黒ずみができるケースを紹介します。一番大きな原因になるのは、ホルモンバランスが乱れてしまったことによるものです。

ホルモンバランスが崩れると新陳代謝が低下します。代謝が低下すれば、皮膚の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーが乱れ新しい皮膚ができにくくなるわけです。

結果、古い角質などが溜まってしまい、垢のように黒く変色してしまうというわけです。そしてホルモンバランスを見出してしまう原因というのは、以下のようなものが挙げられます。
まずは不規則な生活習慣。そして暴飲暴食、外食ばかりの生活などの食生活の乱れによるものです。

更にストレス過多な生活をしていたり、慢性的な睡眠不足の状態になっている方も、ホルモンバランスが崩れやすい典型と言われています。

原因を知らないと正しい対処は難しい

例えば、前述にある外的刺激で、肌が乾燥しているのが原因であるにも関わらず、保湿をせず、自身の肌に相性の悪い洋服を気に入っているからと着用し続けたとしたらどうでしょうか。

正直、これでは状態が改善されるのは難しいでしょう。また、体内環境の変化が原因なのに、食生活を変えず、保湿クリームばかり塗っていても同様です。このように自身にできた変化の原因を正しく知ることが何よりも大事なことなのです。