スカートや制服を気兼ねなくきこなすには!ひざ黒で悩む女性が多い現状

女性は仕事の際に着用する制服でも、ヒザ丈のものが多く、一年を通じてヒザを露出することが多いものです。そんな中、実はヒザに黒ずみができ、茶色に変色してしまっている女性の数は非常に多いもの。

パンストでごまかせるから大丈夫だなんてタカを括っていると、後々大変な後悔をすることになるので注意しましょう。ここではヒザの黒ずみの要因とケア方法を紹介します。

洋服の擦れなどヒザが黒くなってしまう原因とは

ヒザが黒くなってしまう原因には、どのようなものがあるのでしょうか。まずヒザは関節部になります。関節部の皮膚というのは、皮膚が収縮するようになっており、縮んだ時には、黒く見えてしまうものです。

しかしながら、伸ばした時にでも茶色や黒になっているのであれば、要注意です。これは完全にメラニン色素が体内で製造されてしまっており、積み重なって沈着してしまい、黒くなってしまっている証拠です。

ヒザという部位は、体の中でも沢山動く割には、皮脂腺が少なく、皮脂や汗といったものが出にくいという特徴を持っています。一般的にはこの皮脂が悪さをするケースが多いのですが、ヒザは明らかに他の部位が黒くなるメカニズムとは違っているということです。
原因は紫外線と、パンストやパンツなど、洋服の擦れなどによってダメージを負って黒く変色してしまうというメカニズムになります。

ヒザのケアはクリームやオイルを使って潤いを与える

ヒザのケアになりますが、基本的には前述にあるメカニズムを理解し、ヒザに刺激を与えないようにすることが何よりも大事です。ケアをしても、刺激を与え続けると治ることはありません。

例えば、お風呂に入り、洗う際も刺激の強いナイロンタオルなどでゴシゴシとこすってしまうのはいただけません。このような習慣をなくし、逆に皮膚を柔らかくして、メラニン色素を沈着しづらくするように、温かい湯船にゆっくりと浸かるといった習慣をつけることが大事になってきます。

スクラブなどを使い、マッサージをすることでも、十分な対策になります。ただし、あまりケアをしすぎると、逆にそれが刺激になってしまうため、月に1度から2度程度の頻度で行っていくようにしましょう。

また化粧水を使って保湿をして、クリームやオイルを使って潤い成分が逃げないように蓋をしてあげることもおすすめのヒザケアの方法です。