デリケートゾーンにできる黒ずみの原因と対策は?

黒ずみができた場所がどこなのかは、意外と重要なことです。腕などは夏場などには露出するため、気になるかもしれませんが、それ以上に気になる場所がデリケートゾーンではないでしょうか。

デリケートゾーンのトラブルは、他人のものと比較することができないため、正常なのかを判断することが難しいですし、相談もなかなかできないものではないでしょうか。

赤の他人に見られることはなくても、一番ある意味で気を使うパートナーには見られる部分ですから、どう思われるのかも気になるところです。

ここではデリケートゾーンの黒ずみの原因や対策について紹介します。

デリケートゾーンの刺激や摩擦による黒ずみ原因

デリケートゾーンは、他の部位と比較しても、温泉やお風呂などに入ったりする時以外は、常に何かしらの刺激を受けてしまうという特徴があります。

部屋では全裸で過ごすという特異な方だったとしても、外に出かける時には、必ず下着は着用するものでしょう。自分の肌にマッチしたものを選ぶことが何よりの対策になります。

サイズを気にせず窮屈なものを利用していないかどうか。またその素材にもコットンやシルクなど沢山の種類があります。機能性を考えて速乾性のものを選択したことによって、それが合わなくてトラブルを引き起こす場合も多々あるのです。

デザイン重視でビキニタイプなどを選択するよりも、ボクサータイプの方がデリケートゾーンへの刺激を抑えることが可能です。

自宅でできるデリケートゾーンのセルフケアは?

気をつけていても、さまざまな要因でトラブルが起こることも珍しくありません。それはデリケートゾーンというのは、メラニン活性が高いという特徴があるのです。

メラニン活性が高いということは、それだけ黒くなりやすいことを意味します。こういった場所に市販の美白系のクリームなどを塗っても、長く続ければ可能性もありますが、少なからず即効性は期待できません。

どうしても悩みがあるならメラニン合成をシャットアウトしてくれるハイドロキノンクリームなどを塗布するようにしましょう。この成分が配合されているクリームは、美容不皮膚科などで購入することが可能です。

何が原因なのかを正確に把握するためにも、美容皮膚科に通ってみることをオススメします。