小鼻黒ずみなどのよくある勘違いとは

毛穴にできる黒ずみは厄介ですね。特に顔の中心にある鼻の頭にできると、気になる事間違い無しです。皮脂を取るケアアイテムでピリピリとこまめに掃除しているつもりでも、黒さは一向に薄まらない。

これはそもそものメカニズムを理解していないからに他なりません。肌トラブルは正確に原因を知り、そしてそれにマッチした対処方法を取る必要があるのです。

ここでは小鼻の黒さを解消する方法を紹介します。

黒くなっている要因は皮脂ではない!

皮脂が溜まり、それが古くなって毛穴の中で酸化をするから黒くなる。こういうパターンもありますが、小鼻の黒ずみができるメカニズムはこれだけではありません。

実は酸化をして黒くなってしまうものの70パーセントは古い角質が原因となります。毛穴に詰まるものを角栓と呼んでおり、角質というのは、いわゆるタンパク質になります。

その中で皮脂の割合というのは、たったの30パーセントにしか過ぎないのです。多くの毛穴ケアアイテムは、この30パーセントの皮脂に向けられているものが多いわけで、それを一生懸命に使っても黒い色が落ちることはありません。

クレンジングをすればOKと思っている

次に多い勘違いとしては、洗顔やクレンジングを丁寧に行い強力なスクラブのものを利用すれば落ちると思っているパターンです。

皮膚というのは何層にも重なった構造をしています。黒く変色してしまう角栓ですが、強力な洗浄力を誇るものだったとしても、角栓の表面しか洗浄をすることができません。

逆に執拗にクレンジングなどを行えば、細胞間脂質など潤いを保つために活躍してくれている組織を破壊してしまうため、逆に毛穴に角栓を作りやすい状態になってしまうわけです。

優しくピーディーに洗顔する心がけを

前述にあるような角栓づまりが原因になって黒くなってしまっている場合には、ピーリング石鹸などを用いたり、酵素洗顔剤などを使用するべきです。

普通のクレンジング剤で洗浄する場合には、優しくかつスピーディーに洗顔することを心がけるべきです。

乾燥などが原因の場合には、正しい洗顔と、セラミドなどの保湿成分の入った化粧水などを使い、潤いをしっかりと保つように気をつけましょう。

このように角栓だけが原因であるだとか、皮脂が原因と思っていること。他にもクレンジングさえ何度も行えば大丈夫などという勘違いをしていると、黒ずみを悪化させることにもなりかねませんから、正しい知識を身につけるようにしましょう。