黒ずみを作る食生活の乱れと改善法とは

黒ずみに悩む女性が若い年代でも出てきています。なぜ高齢者特有の悩みとされていたものが、近年では若い年代の女性に増えてしまっているのでしょうか。

それはその原因を知れば理解することができます。肌が黒く変色してしまう要因の一つがホルモンバランスの乱れです。そしてホルモンバランスが乱れる原因となっているのが、食生活の乱れです。

ここでは、食生活が乱れると起こってしまう皮膚トラブルのメカニズムと、その対策を紹介していきましょう。

ホルモンバランスの乱れは現代女性の大きな悩み

黒く肌が変色してしまう黒ずみですが、その要因は、ホルモンバランスの乱れによって、新陳代謝が正常に行われていないことにあります。

もちろんこれだけが原因ではありませんが、大きな要因の一つだと言われています。ホルモンバランスが乱れると、さまざまな症状に悩まされることになります。

例えば生理痛がひどくなったり、PMSと呼ばれる月経前症候群がひどい方の多くもホルモンランスが乱れていることで起こります。ホルモンバランスは、加齢により分泌量が減りますので、肌トラブルなども中高年者独特のものだと考えられてきました。

しかしその大元の原因の一つが、食生活の乱れになりますから、年齢は関係なく若い女性にも肌トラブルが起こるようになってしまったのです。

ホルモンバランスが整えられる食材は?

ホルモンバランスを整えてくれる食材にはどのようなものがあるのでしょうか。その筆頭がイソブラボンです。これは大豆なのに多く含まれていますが、イソブラボンは女性ホルモンと同じような働きをしてくれます。

他にもマグロやカツオといった魚類に含まれるビタミンB6は女性の代謝活動を促進してくれる効果がありますから、有効です。また、ナッツ類などには、良質な油とビタミンEが含まれており、抗酸化作用が期待できるため、ホルモンバランスを整えるのには、もってこいの食材だと言われているのです。

食材の内容もそうですが、毎日規則正しい時間に3食摂るということもホルモンバランスを整えるためには、気をつけるべき点になります。

バラバラの時間に食べたり、ちょっと太ってきたと思って朝食や昼食を抜くといったことをすると、どんどんと体内の環境は乱れていきますから注意しましょう。