黒ずみ毛穴をきちんとケアするための方法とは

毛穴に皮脂が詰まるから黒ずみができてしまう。しかしながらこれだけではないのです。毛穴が黒くなってしまう原因には、さまざまな種類があるのです。

その特徴を正確に把握していなければ、当然に的確なケアを行うことができません。ここではそれらを紹介していきましょう。

毛穴にできる黒ずみのカテゴライズ

毛穴が黒くなるといっても、さまざまなタイプにカテゴライズすることができます。日々の生活やスキンケアの仕方などによって変わるわけですが、汚れが詰まったタイプがまず挙げられます。メイクの取り残しや、誇り、他にも古い皮脂や角質といったものが汚れづまりになります。

次に毛穴が広がって黒くなるパターン。これは皮脂が異様に分泌されていたり、乾燥肌の方に見られるものです。乾燥することで、それを補おうと皮脂が分泌される。それが毛穴に詰まり、広がった状態になると、その穴の影が黒く見えるというわけです。

次に皮脂分泌が多いというパターン。いわゆる脂っぽう肌質が多い方にできやすいです。皮脂が多いと新陳代謝のバランスが崩れ、毛穴が詰まって汚れ、黒く見えるというわけです。

最後にメラニンです。これは紫外線などの外部刺激により、メラニン色素が沈着するケースです。

皮脂をコントロールすることで保湿ケアを試みる

それぞれに状態が違うわけですから、対処方法も変わってきます。まずは汚れが詰まっているパターンですが、クレンジングをメイクをした日には絶対に行ってから寝ることです。

その上で正しい方法での洗顔をし、保湿を行いましょう。毛穴が広がり目立っている場合にはやはり保湿です。毛穴広がりは保湿不足が原因ですから、パッと見や触り心地がベタついていたとしても、実は乾燥していることが多いのです。

脂ギッシュなタイプでは、正しい洗顔方法を行い、皮脂をコントロールすることを意識した保湿ケアを行えば、ある程度に皮脂分泌過剰を抑制することができます。

またカロリーの高い食事を抑えたり、お菓子などの間食を無くすだけでも改善が期待できるものです。

メラニン色素が沈着してしまっているパターンは、洗顔や保湿といったこれまでのケアの仕方に加えて、紫外線をカットすることを心がけるべきです。

夏場ではなくても、夕方でも、紫外線に晒されるということを忘れないようにしましょう。